もう困らない!宿泊時に気をつけたいチェックポイント

>

海外のリゾートホテルで気をつけるポイント!

日本とは全く違う?

リゾートホテルと言えば、おいしい食事とラグジュアリーな部屋が用意されていて心身ともにリラックス出来る環境だとイメージされる方は多くいます。
海外に関してはどうでしょうか?日本の様にサービスの質が高く、小さな部分まで行き届いて入れば良いのですが実はそういきません。
まずシャワーなどのお風呂事情ですが、バスタブがないのがほとんどですし、シャワーに関しても日本とは大きな差があります。日本の場合は随時お湯を温めて使用するのですが、国によってはあらかじめお湯をタンクにためておく手法を取っている場合があり、使い切ってしまうと水しか出ない事もあるのです。
WiFi完備していないホテルや、B&Bといったベッドとお風呂しかないホテルも存在しますし、ルームサービスの時間も日本より早い時間で終了してしまいます。

管理は自己責任

海外でよくあるトラブルと言えば盗難です。日本の様に治安が良い国ばかりではないのでホテルに宿泊した際は必ず鍵付きのロッカーを利用しましょう。その鍵を所持するのが不安な場合は、外出時にフロントへ預ける手段もありますが、そのスタッフが部屋へ忍び込むといった事件もゼロではありません。
連泊する場合は清掃員が清掃をしてくれますが、防犯のために不要という場合は部屋のドアに「NO CLEANING」という札をかけて置けば問題ありません。
そして忘れてはいけないのがチップです。日本ではあまりなじみがないので忘れてしまいがちですが「サービスを提供してくれたお礼」にあたるので、ルームサービスや荷物の持ち運びをしてくれた場合は、チップを渡してあげると良いですね。


この記事をシェアする